ジブラルタ生命のエンドレスドリームはすでに販売停止している!保障内容やメリット・デメリットについて

ドル建て保険も理解できた!保険について本気出して勉強した主婦のブログ

子供のための貯蓄型学資保険の検討からドル建て保険の存在を知り、様々な保険を勉強してきました。複雑でわかりにくい保険に関する内容を少しでも理解しやすくなるためのブログです。

ジブラルタ生命のエンドレスドリームはすでに販売停止している!保障内容やメリット・デメリットについて

      2018/03/19

 ジブラルタ生命のエンドレスドリームはすでに販売停止している

ジブラルタ生命のエンドレスドリームという商品を以前に営業職員から提案をされたり、加入している人はいるのではないでしょうか。

実はジブラルタ生命のエンドリームはすでに販売が停止している商品です。

今回はエンドレスドリームがどのような商品だったのか商品内容やメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

ジブラルタ生命のエンドレスドリームの保険内容について

ジブラルタ生命のエンドレスドリームは正式名称が「生存給付金特則付低解約返戻金型積立利率変動型終身保険」という、いかにも難しそうな長い名前です。

この保険の内容は名称通り、終身の死亡保障がある保険です。

また生存給付金特則付なので保険料の払い込み期間が満了した翌日、およびその後5年ごとに3回、合計4回の生存給付金を受け取ることができます。

そして資産の運用結果によって保険金額が増加します。(運用結果によっては減少する恐れがありますが、積立利率1.1%は最低保証をします)

現在ジブラルタ生命では生存給付金がある保険や積立利率変動型の商品はすべて販売停止をしているみたいです。

ジブラルタ生命のエンドレスドリームのメリット・デメリットについて

ジブラルタ生命のエンドレスドリームのメリットはやはり、高い利率です。

加入した時期により積立利率は異なりますが、2013年3月以前に申し込みをして契約していたら1.5%もあったようです。

デメリットは死亡保険金額の最低保証はあるものの、その時の景気よって死亡保険金額が左右されるのが最大のデメリットであると思います。

また払い込み期間が満了した後に受け取る生存給付金は死亡保険金額から差し引いて受け取ることになるので1,000万円の死亡保障があれば、生存給付金の4回分すべて受け取り終わると死亡保障が600万円になってしまいます。(増加死亡保険金額を加味しない場合)

現在のジブラルタ生命のエンドレスドリーム同様の人気商品とは?①養老保険

ジブラルタ生命のエンドレスドリームは現在販売停止しているので、営業職員の中でも高い積立利率や生存給付金付きという点からお宝保険だったという話がでているようです。

その代わりに現在ジブラルタ生命では「米国ドル建リタイアメント・インカム」という商品がとても人気が高いようです。

この商品は米国ドル建ての養老保険で、30歳男性が60歳まで保険料を払い込み、1,000米国ドルの年金月額を20年間確定で受け取る場合の毎月の保険料は197,833米国ドルです。

また60歳まで160,200米国ドルを支払うのに対し、20年間年金として受け取れる額が240,000米国ドルということから人気が高いようです。

老後は自分たちで準備をしなければしけないというこれからの時代に合った商品だと思います。

現在のジブラルタ生命のエンドレスドリーム同様の人気商品とは②終身保険

またジブラルタ生命のエンドレスドリームのように米国ドル建ての終身保険の場合だと「米国ドル建終身保険」がオススメです。

例えば30歳男性が60歳まで保険料を払い込み、保険金額100,000米国ドルと設定した場合の毎月の保険料は131,10米国ドルです。

また60歳まで47,196米国ドルを支払うのに対し、60歳で解約すると受け取れる解約返戻金は55,370米国ドルを受け取れるので貯蓄を兼ねた保険として人気があります。

そして60歳以降でも保険料の払い込みがなく、その後の解約返戻金はずっと増え続けるので一定の年齢まで死亡保障を得つつ、ご自身が現金を手に入れたいときに解約することができます。(70歳時点の解約返戻金は67,950米国ドル、80歳時点の解約返戻金は80,320米国ドル)

この終身保険はエンドレスドリームのように生存給付金はありませんが、自分で減額(部分解約)をすることにより同じ効果を得ることができますよ。

ジブラルタ生命のエンドレスドリームに加入し損ねたのなら、見直すチャンスは今!

実は保険会社が保険料を算出するのに利用している標準死亡率表が2018年の4月に全面改定をされ、この改定は11年ぶりとのことです。

医療の技術等で平均寿命が延びたため、保険会社によっては死亡保険料が以前よりも値下がると言われています。

明治安田生命では2018年4月2日から団体保険についての保険料率を改定するとすでに発表をしているようです。

しかし現在加入中の保険は対象外で新規での保険加入や更新した保険のみを保険料の値下げ対象とする会社がほとんどのようです。

ジブラルタ生命では保険料が安くなるのかはまだ分かりませんが、エンドレスドリームにすでに加入している人も、加入し損ねた人も保険を見直す良い機会になると思います。

 結局ジブラルタ生命のエンドレスドリームは良い商品だった?

ジブラルタ生命のエンドレスドリームのように高い利率などの良い商品はすぐに販売停止になってしまうことが多いです。

またほとんどの商品の予定利率も年々下がってきていることから、どの保険に加入するにしろ早く検討するのが良いと思います。

そして2018年の4月に標準死亡率表が改定されるので、現在加入している保険を見直す良いチャンスになると思いますよ。

 - ジブラルタ生命, ドル建て保険, 外貨建て保険, 外資生保, 死亡保険, 生命保険, 終身保険 , , , , , , , ,