生命保険が独身に必要かどうかは「思いやりの気持ち」があるかないか

ほけんケア~ドル建て保険も理解できた!保険について本気出して勉強した主婦のブログ

子供のための貯蓄型学資保険の検討からドル建て保険の存在を知り、様々な保険を勉強してきました。複雑でわかりにくい保険に関する内容を少しでも理解しやすくなるためのブログです。

生命保険が独身に必要かどうかは「思いやりの気持ち」があるかないか

   

生命保険は独身に必要なのか?

生命保険に加入する目的として、「家族のため」を第一に挙げる方が多いと思います。

結婚を機に「そろそろ生命保険に入っておこう」と決断をし、専門家のアドバイスを受けたり、自身で調べてどんな保険がが良いか、と行動に移されるでしょう。

では果たして、独身の方にも生命保険が必要なのでしょうか?

自分が死んでも特に困る人はいないし、親にお金を残してもしょうがないし、と否定的な意見をされている方も多いと思います。

個人的な意見として「独身にも生命保険は必要である」というスタンスである私自身の個人的見解を、今回は述べさせていただきます。

独身には医療保険?

例えば「盲腸」に罹り、病院に入院し、手術を受け、退院されたとして、果たして、治療費はどのくらいになるでしょうか?

5万~数十万程度で済み、その上、健康保険・国民健康保険に加入していれば「高額療養費制度」が適用になるため、一ヶ月あたりの最大の治療費は8~9万程度で済む方がほとんどです。

この「高額療養費制度」が日本には存在しているので、医療保険の必要性はそれほど高くないと言われています。

たかだか数十万円のために、毎月毎月保険料を支払っていく必要はあるでしょうか?

個人的には「不要」と考えており、独身の方への医療保険加入の優先順位は低いと考えています。

独身に死亡保障?

治療費以上にお金がかかると言われているものが「生活費」と言われています。

1ヶ月あたりの生活費ですが、どのくらいの金額があれば1ヶ月生活できるでしょうか?

一般的には10~30万円と挙げる方が多く、その生活費を稼ぐために毎日毎日働いているといっても過言ではないでしょう。

しかし、自分が生活していくのにどうして「死亡保障」の話が関係してくるのでしょうか?

それは、生命保険には「高度障害」という就業が当たり前に不可能な状態にも保険金がおりる特徴があり、その上最近では、重度疾病により就業不能状態、いわゆる「働くことができなくなった場合」の生活費としての給付金の支給をしてくれる商品が出てきているため、死亡保障=死亡した時だけに給付される保険とは違ってきています。

生活費用は最大の負担

例えば、1ヶ月あたりの生活費を少なく見積もって「月10万円」必要だとしましょう。

その生活費はいったいいつまで必要でしょうか?5年間?10年間?20年間?それとも生きている限り?

答えは、「生きている限り」必要なお金です。

1ヶ月10万円必要であれば、仮に30年生きていたとしたら、「10万円 × 12ヶ月 × 30年」で、3,600万円も必要になるのです。

治療費と比較しても、膨大な金額がかかります。(厳密にいえば、症状や病状によって障害者年金を受給できることもありますが、審査があるため確実に用意できるお金とは言えません。)

生活費の備えとしての保険は誰のため?

多くの方は、自分が暮らしていくお金だから「自分のため」と答えるのではないでしょうか?

間違った答えではありませんが、厳密に言うと「No」です。

独身の方が生活費の備えとして加入する生命保険は、実は「親のため」でもあります。

生活費は誰が負担する?

例えば、自分が不慮の事故に遭い、病院に運ばれ昏睡状態が続き、数週間後に目が覚めたとき、自身の両足の感覚がなく、歩行が一生不可能という「高度障害」に陥ってしまったとします。

では、それ以降、自分の生活はどのようになっていくのでしょうか?命ある限り、お腹もすきますし、電気・水道も使いますし、携帯や趣味、その他もろもろ暮らしていくのには「お金」が必要になります。

自分がそれらの費用をまかなえなかったとしたら、誰がその数千万円の費用を負担するのでしょうか?

独身の方であれば「両親」しかいないでしょう。

両親が負担する生活費はそもそも何のためのお金?

どのご家庭でも、自分の子供がそのような状態になってしまったとしたら、必死になってお金を工面してくれるでしょう。

それこそ、家を売ってでもお金を作ると思います。

しかし、親が負担してくれるそれらの費用は、親にとってそもそも何のためのお金だったのでしょうか?

子供が万が一高度障害状態になってしまったときのために準備していたお金でしょうか?子供がいずれ病気になって働くことができなくなると思われるから、そのときのために貯めておいたお金でしょうか?

そのお金は、自分たちが「老後生活を過ごしていく」ために、必死になって貯めておいたお金ではないでしょうか?

両親の老後生活をどのようにしたいのか?

両親が給与生活者であったのであれば、定年退職後も子供のために必死になって働きづくめになりながらも、お金を工面されるでしょう。

自営業者であれば、体にムチを売ってでも、体に限界が来るまでお店を開き続けるのでしょう。

それでもお金が足りないののであれば、老体であったとしても、臨時でバイトなどもするのかもしれません。

独身の方が生命保険に加入しておらず、万が一のことが起きたら、両親の人生がとてもつらいものになってしまうのではないでしょうか?

思いやりの気持ちがあるかどうか

結局のところ、生命保険に加入するかどうかには、「他人を思いやる気持ち」があるかないか、に尽きると思っています。

家庭をお持ちの方であれば、家族のため、子供のため、といった「自分以外の誰か」を思いやる心から、加入を決断されると思います。

独身の方でも同様に、「両親のため」といった人を思いやる気持ちがあるのであれば、是非加入されておいたほうが良いと思っています。

別にいいや、と思われる方も中にはいると思います。

それはそれで、個人の考え・価値観であり、誰にも否定できるものではありません。

保険商品の特性から独身の方に生命保険を勧める理由

上記においては、「感情論」から独身の方に生命保険に加入すべき理由について触れました。

感情論とは別に、保険商品の特性からも、独身の方に加入を勧める理由があります。

体況上の理由と、保険料の理由です。

体況上からの理由

生命保険は、私たちが日常生活で買い物をする中で、唯一「顔色を伺われる」買い物です。

つまり、「持病がある方、過去に大きな病気を患った方」は基本的には保険に加入できません。

人間の健康状態は、年を重ねるにつれて、徐々に悪くなっていきます。

年齢が若ければ若いほど、疾病のリスクが少ないので、何も問題なく保険に加入できますが、年齢が上がっていくと思わぬ病気、とくに脂質や血圧などの生活習慣病で、健康診断で指摘を受けることが多くなってきます。

いざ保険に入ろうとしても、健康上の理由から、加入をお断りされるケースは本当に良くあるので、早ければ早いほど良いという意味で、独身の方には早くから加入しておくことをオススメします。

保険料からの理由

保険料は、加入年齢によって異なり、年齢が若ければ若いほど安く、年を重ねるにつれて高くなってしまいます。

じつは、同じ保障額の保険に加入する際、年齢が若い方のほうが、当然毎月の保険料が安くなるのですが、トータルで支払う総保険料額も、年齢が若い方が安くなります。

月々の負担だけではなく、その保険に対して全部でいくら支払うのかを考えた場合でも、若い方がお得なのです。

損をしたくない、といった日本人の気質にも合っているのではないでしょうか?

生命保険が独身に必要かどうかは「思いやりの気持ち」があるかないか、のまとめ

個人的な話になりますが、私が独り立ちするまで、両親には本当に金銭面で多くの負担をかけていました。

一人前になるまで育ててもらい、やっと負担が減り自分たちのためにお金を貯めることができるようになったのに、もし私に万が一のことがあったとしたら、死ぬまで両親に金銭面で多大な迷惑をかけてしまう。

それはさすがに「申し訳ない」という気持ちが私にはありましたので、独身の時から生命保険に加入しました。

しかし、生命保険は誰かに言われて入るものではありません。

その本質は、独身であっても家族であっても、「誰かを思いやる気持ち」があれば自発的に加入するものだと思っていますので、本記事がその「きっかけ」になれば幸いです。

 - 生命保険 , , ,