明治安田生命のかんたん保険シリーズ ライト、本当にデメリットはないの?

ドル建て保険も理解できた!保険について本気出して勉強した主婦のブログ

子供のための貯蓄型学資保険の検討からドル建て保険の存在を知り、様々な保険を勉強してきました。複雑でわかりにくい保険に関する内容を少しでも理解しやすくなるためのブログです。

明治安田生命のかんたん保険シリーズ ライト、本当にデメリットはないの?

      2018/07/27

明治安田生命のかんたん保険ライトに注目が集まる理由は?デメリットはないの?

「かんたん保険」というフレーズで売出し中の「明治安田生命のかんたん保険シリーズ ライト」ですが、なぜ注目が集まっているのでしょう?

それは、一般的に「保険はしくみが難しい」というイメージがあり、わかりにくいと感じている人が多く、しくみが簡単で、わかりやすい保険へのニーズが高まっている背景があります。

このように注目されている「かんたん保険」ですが、デメリットはひとつもないのでしょうか?

明治安田生命の かんたん保険ライトシリーズとは?

明治安田生命のかんたん保険ライト(生命保険)には、「じぶんの積立(無配当災害保障付積立保険)」と「つみたて学資(無配当こども保険)」、「ひとくち終身(5年ごと利差配当付一時払特別終身保険)」の3種類があります。

この3つとも、加入の際の審査や健康状態の告知は不要です(職業告知はあります)。

また、貯蓄性を重視している商品のため、いわゆる掛捨てと呼ばれる医療保障などの設定がありません。

保険料設定も「一口いくら」という選択肢しかないので、保険に難しさを感じている人には、文字通り「かんたん保険」として検討しやすいようです。

明治安田生命のかんたん保険ライトは、簡単なだけにデメリットも?

簡単に加入できることが最大のメリットである、明治安田生命のかんたん保険ライトですが、簡単なことで反対にデメリットを生んでいることになります。

診査や健康状態の告知は不要なので、必然的に保険金額は少額となります。

たとえば、「ひとくち終身保険」では、被保険者ひとりにつき一時払い保険料として、1口(50万円)または2口(100万円)までしか申し込むことができず、小口の保障金額となります。

 明治安田生命のかんたん保険ライトはプランが固定されてしまう

かんたんな保険設定のため、プランが固定され、いくつかの選択肢の中から選ぶしかありません。

個々のニーズに合わせた設計をできないというデメリットがあります。

たとえば、明治安田生命の「つみたて学資(無配当こども保険)」では、保険料払込期間の選択肢は、①10歳まで②15歳まで③一括払い(前期前納)の3つしかありません。

また、満期は子どもが21歳のみとなり、それまでにまとまった教育資金が必要となった際には、解約という可能性が高いでしょう。

 明治安田生命のかんたん保険は簡単に換金できない?

簡単に加入できるというメリットがある明治安田生命のかんたん保険ライトですが、急に資金が必要となった場合の換金性にデメリットがあります。

預貯金であれば、金融機関窓口で解約すぐに換金することができますが、生命保険の解約となると、窓口か営業職員へ連絡手続してもらうことになり、後日指定口座への振込みとなります。

たとえば「じぶんの積立(無配当災害保障付積立保険)」では、加入後いつ解約しても100%以上戻ってくることが売りですが、単に預けた金額が戻ってくるだけなら、預貯金の方が換金しやすく扱いやすい貯蓄性商品といえます。

解約せずに解約返戻金の一部の貸し付けを受けることができる「契約者貸付制度」は、ライトシリーズの「つみたて学資(無配当こども保険)」のみ利用することができます。

ただし、貸付を受けた金額には当然利子がかかりますので、お勧めはできません。

明治安田生命のかんたん保険のメリットとデメリットも活かして加入しましょう!

簡単に加入できるということは、簡単に解約できるという考え方もできます。気軽にはじめられる貯蓄なだけに、ちょっと資金が足りなくなったときに解約への誘惑に負けてしまいがちです。

明治安田生命のかんたん保険ライトは、どれも10年以上の長い期間預けることが前提の、貯蓄性を重視した商品です。一度決めたらよっぽどのことがない限り、続けるつもりではじめるとよいでしょう。

そのためにはメリットだけではなく、デメリットもしっかり確認して、加入するようにしましょう。

 - 明治安田生命 , , , , , , , ,