ジブラルタ生命の豪ドル保険は魅力的?為替レートを検証

ほけんケア~ドル建て保険も理解できた!保険について本気出して勉強した主婦のブログ

子供のための貯蓄型学資保険の検討からドル建て保険の存在を知り、様々な保険を勉強してきました。複雑でわかりにくい保険に関する内容を少しでも理解しやすくなるためのブログです。

ジブラルタ生命の豪ドル保険は魅力的?為替レートを検証

   

ジブラルタ生命の豪ドルの為替レートを見てみよう!為替手数料は?

ジブラルタ生命には、「通貨指定型個人年金保険豪ドル建」という豪ドル建の商品があります。

私は今、豪ドルの為替レートが気になっているので、今回は「通貨指定型個人年金保険豪ドル建」の為替手数料、過去の推移、ジブラルタ生命の豪ドルの為替レートは魅力的か検証していきたいと思います。

「通貨指定型個人年金保険豪ドル建」の豪ドルの為替手数料は、円→豪ドルが50銭、豪ドル→円が3銭となっています。

「通貨指定型個人年金保険米ドル建」の米ドルの為替手数料は、円→米ドルが50銭、米ドル→円が1銭なので米ドルと比べると高いように感じます。

しかし、他の保険会社の豪ドルの為替手数料を見てみると円→豪ドルが50銭、豪ドル→円が50銭といった手数料体系の保険会社もあり、ジブラルタ生命の為替手数料は豪ドルにしては比較的良いレートといえそうです。

ジブラルタ生命の豪ドルの為替レートの過去の推移は?

「通貨指定型個人年金保険豪ドル建」の為替レートを見てみました。

 

円で保険料を払い込む場合の豪ドルの為替レート
2019年4月25日79.26円
2019年4月24日79.91円
2019年4月23日80.22円
2019年4月22日80.58円
2019年4月19日80.51円
2019年4月18日80.83円

手数料も含まれていると考えると、TTMは1豪ドル=80円を割る日もあるということですね。

ジブラルタ生命の為替レートが気になるので豪ドルの為替の動きを調べてみた!

今の豪ドルは円安なのか円高なのか気になったので、過去の豪ドルの為替の推移も見てみました。

2000年以降の推移を見てみると、2007年は1豪ドル=100円を超える円安の日があったり、2008年や2009年は1豪ドル=50台という円高の日があったりと大きく変動がありましたが、2015年以降は1豪ドル=70円台~90円台を推移しているようです。

過去の為替を踏まえると、今の状況は円高といえ豪ドル建保険に加入するには悪くない時期かと思いました。

ただ、この先今よりもさらに円高が進んでしまうということも考えられるので、私が豪ドル建保険に加入するのであれば、元々考えていた金額の半分にして残りは様子を見るといったように時期を分散して投入したいと思いました。

ジブラルタ生命の豪ドルの為替レートに合わせて積立利率も見てみた!

保険に加入するとなると為替レートだけでなく、積立利率も気になります。

そこで、ジブラルタ生命の「通貨指定型個人年金保険豪ドル建」の積立利率も見てみました。

 

豪ドル建積立利率
据置期間積立利率(死亡時円建支払額最低保証特約を付加しない場合)
2年0.36%
3年0.36%
5年0.38%
6年0.49%
7年0.52%
10年0.66%

 

米ドル建積立利率
据置期間積立利率(死亡時円建支払額最低保証特約を付加しない場合)
2年
3年
5年1.29%
6年1.41%
7年1.42%
10年1.59%

米ドルの積立利率を見てしまうと、豪ドルの魅力が霞んでしまいました。

豪ドル建保険に入るならジブラルタ生命はおすすめ!為替レートが魅力的!

今回の検証でわかったポイントは以下の通りです。

  • ジブラルタ生命の豪ドルは他社と比べ比較的良いレート
  • ジブラルタ生命に限らず、豪ドルの為替手数料は米ドルと比べて高い
  • 現在の豪ドルの推移は円高といえそう
  • 積立利率は豪ドルよりも米ドルの方が良い

私は豪ドル建保険に入るならジブラルタ生命はおすすめできる保険会社かと思いましたが、積立利率や為替手数料を考えると豪ドルという通貨自体に魅力をあまり感じられませんでした。

だからといって米ドルばかりを持つのはリスクの分散の面から避けたいとも思うので、慎重に金額や加入時期、加入するかどうかを検討したいと思いました。

 - ジブラルタ生命 , , , ,